着なくなった服 掃除

着なくなった服は掃除などに活用して無駄にならないよう工夫します(30代後半女性、兵庫県)

私は、「着なくなった洋服」が出てきた際に、何通りかの方法で処理をします。
基本的には、着なくなった服といえども無駄にならないよう工夫しています。

 

まず、何回か着てその後着なくなった洋服については、掃除アイテムとして使うことにします。
思い切ってハサミで切って、それを雑巾のように作り変えて掃除の時に使うのです。
トイレ掃除や、床にジュースなどをこぼしてしまった時に拭き取れるように、キッチンや、トイレの近くに保管しておいて、使うようにしています。

 

その他、買ったけど一度しか着ていない、もしくは全く着ていないという洋服で、雑巾にするのはもったいない場合はリサイクルショップに売りに行くようにしています。

 

リサイクルショップで売るためには、季節が関係してきます。真夏なのに冬のコートなどは売れないので、売れる時期に合わせて持ち込むのがポイントです。
衣替えをしている時に、もう着ない洋服を見つけたらそれらを分けておいて、その中から売れる洋服を見つけて売りに行くようにしています。

 

ブランド物ではなかったりして、それほど高値で売れなかったり、もしくは買取の金額が0円ということもありますが、それでも、家に置いていて場所をとってしまったり、燃えるゴミとして出すときに、ゴミ袋のお金が掛かることを考えると、無料でも引き取ってくれればそれでよしとしています。

 

あとは、私の母親が私と洋服のサイズが同じなので、自分の着なくなった服があれば、まずは母親に聞いてみえて、これを着るかどうかを確認します。もしも、そこで、「着ない」と言われた時には上記のような方法で、洋服の処理をします。

 

着なくなったからといって、ゴミとして捨てるのはやはりもったいないので、何かしら無駄にしない方法として掃除道具として使ったり、リサイクルショップで次に着てくれる人を探したりと、タダでは捨てない様にと心がけています。そのほうが、自分としても、洋服を捨てるという罪悪感がありません。

 

それに、そのように、無駄のないように洋服を処理することによって、次の洋服を買うときに「この洋服を本当に着るのだろうか?」と一度考えて、すぐに不要になるようなことがないようにと、考えるようになりました。

 

 

 

着なくなった服の処分や活用法は?【買取・売る・寄付・リメイクなど】 TOPへ